お知らせ

menu

お知らせ

サイバーエリアリサーチ、日本初のInter-RIR IPv4アドレス移転を実施

~IPv4アドレス枯渇が深刻化する日本の事業者へ、米国からアドレスを移転~

サイバーエリアリサーチ株式会社 (本社: 静岡県三島市 代表取締役社長: 山本敬介) とIPv4 Market Group (本社: アメリカ合衆国ニューヨーク州ルイストン 社長: サンドラ・ブラウン) は、日本で初めてのInter-RIR(地域インターネットレジストリ間) IPv4アドレス移転を実施しました。

日本では、2011年4月15日にIPv4アドレスの通常割り振りが終了し、IPv4アドレスの在庫が枯渇しています。一方、IPv4アドレスに対するニーズは現在も継続しており、クラウドコンピューティングやデータセンタ、コンテンツ事業者などでは、新規のIPv4アドレスの確保が事業拡大の制約条件になっています。

サイバーエリアリサーチは、2011年10月よりIPアドレスの移転を仲介する日本唯一のサービス「IP移転」(http://www.ipiten.jp/) を運営しています。
このサービスでは、余剰アドレスや未使用アドレスを有する組織から、アドレスを必要とする組織に移転を仲介しており、10件を超える移転実績を有しています。
しかし、これまで地域を越えてIPv4アドレス移転を行うことはできず、日本におけるIPv4アドレスの需要拡大に対応できない恐れがありました。

このような状況の中、2012年7月には地域を越えたアドレス移転を可能にする制度変更が行われましたが、日本と海外の間でアドレスの移転を調整する仕組みがなく、実質的に地域を越えた移転を行うことは難しい状況でした。
このため、日本における唯一のIPアドレス移転事業者であるサイバーエリアリサーチと、世界最大規模のIPアドレス移転事業者で、IPv4アドレス移転市場を開拓してきたIPv4 Market Groupが協業し、北米地域から日本へ、地域を越えたIPアドレス移転を実現しました。

今回移転されたIPv4アドレスは、元々米国のIPアドレス管理組織であるARINに登録されていたアドレスですが、移転を通じて登録先がAPNICに変更され、日本国内のホスティング事業者へ移転されました。

今後、拡大するIPv4アドレスのニーズに対応するため、サイバーエリアリサーチとIPv4 Market Groupの協業により、日本へのInter-RIR IPv4アドレス移転を通じてIPv4アドレスを必要とされる事業者様の事業の支援を進めてまいります。

IPアドレス移転とは

既に組織に割り当てられたIPアドレスを別の組織に移転する制度で、IPv4アドレスの在庫枯渇問題の解決策の一つとして注目されています。
過去にIPアドレスの割り当て受けたものの、実際には利用していない組織から、IPアドレスを必要とする組織に移転することで、より効率的なIPv4アドレスの利用が図られるようになります。

なお、現時点においては日本国内でInter-RIR IPアドレス移転を行える組織は、APNIC経由でIPアドレスの割り振り・割り当てを受けた組織に限定されていますが、JPNICにおいても現在Inter-RIR IPアドレス移転に対応する準備が進められており、JPNICを通じた移転にも対応出来るようになる見込みです。

日本とアメリカのIPv4アドレスの割り当て状況について

米国では人口1人あたりIPv4アドレスが約4.9個、合計約15.4億個が割り当てられているのに対し、日本では1人あたり約1.6個、合計約2億個が割り当てられています(2012年4月現在)。このため、米国は日本と比較してIPv4アドレスの移転の供給余力が大きいと見られています。

IPv4 Market Groupについて

IPv4 Market GroupはIPv4アドレス販売、移転仲介などのグローバルリーダーです。
ARIN、RIPE、APNIC地域においてIPv4アドレス移転の経験を有しています。
IPv4 Market Group は、強固なマネージメントチームにより、IPv4移転において豊富な経験と知識を有しています。
マネージメントチームのリーダーは、ノーテル社内においてNortel/Microsoft社の間の750万ドルの売却を成功に導いた経験があります。

お問い合わせ先

サイバーエリアリサーチ株式会社 IP移転担当:風間
TEL:055-991-5544 /FAX:055-991-5540
Email:info@arearesearch.co.jp